押し入れはドラえもんのポケット。

引っ越しに向けて押し入れのものを整理しようとすると、出てくる出てくるあれやこれや。
このスペースによくもまあこれだけ入っていたものだと感心しています。
狭い日本家屋で最大限の収納を実現するための魔法のスペースですよ。押し入れって。
昔の人は偉かった。
さて。押し入れのない新居で、私は一体どう暮らしていけばいいのか。
というか、この押し入れの中のものをどんだけ捨てなきゃならないんだろう・・・


3月5日分。

夏目友人帳 肆「祀られた神様」
柊さんは名取さんを理解し、信じていることが彼女の言動の端々から感じられて微笑ましい限り。名取さんは、それに気づいていない模様。あの人のことだから、気がつかないふりをしてるだけなのかもしれないけど。
豊月と不月は、決して対立する神ではなく対となる神であるからこそ、お互いの気持ちがよくわかる。どちらも人の世に寄り添っていた神様だけに、人間に忘れられその役目を終えた時、やっと立場を超えて、友として手を取りあうことができた。
でも、人間がこうした神様を忘れ去ってしまうというのは、哀しいですよねぇ。


男子高校生の日常「男子高校生と兄と姉」「男子高校生とドロップキック」「男子高校生と夏の終わり」「男子高校生とメガネ」「男子高校生と生徒会の日常」「男子高校生とパンツ」「男子高校生と配線」「女子高生は異常 アークデーモン
弟も知らんのか姉の顔。もしかしてタダクニも妹の顔知らないのだろうか?
というか、言われるまでタダクニがいないの気付かなかったわ。
ヒデノリのくせになぜモテているんだろうか?しかも、従妹とかなら別にいいんじゃないでしょうか?親が親戚と微妙だからダメなんだろうか。
役に立たない生徒会長がなぜ存在しているのかは別として、生徒会は真面目に生きすぎで心配です。一体何があったらこんなに更生するんだろう。
アークデーモンスピンオフの迫力が凄かった。これはさすがにご近所で語り継がれるレベルだわ。後々まで尾を引くわ。制圧されてよかったわ。


3月6日分。

あの夏で待ってる「せんぱい」
ついに先輩が宇宙人カミングアウト。でも予想通り、みなさんあっさり受け入れました。
宇宙人来訪の詳細よりも、彼女がいつかいなくなってしまうことに複雑な思いの海人くん。彼を心配しつつ、自分の中の後ろめたい喜びに落ち込む柑菜さん。これ以上迷惑をかけないようにしたい先輩。
SF的背景ガン無視で、ひたすら恋愛にフォーカス。「宇宙人」てのは外国人並みの扱いです。
しおたれてるりのんさんとか、柑菜ちゃんと先輩の間の緊張感にいたたまれない様子のりのんさんとか、妙な感じに可愛いキャラですなあ。先輩もりのんさんを責めないのが優しいなあ。


3月7日分。

Another「Body paint -連鎖-」
過去現在合わせて、今回はまたさくさく死にまくりましたですね。
なるほど。町の中で死因が確定していたのか。現象は律儀に法則は守り続けているようです。
恒一くんのせいとは言えないけど、彼が深くかかわった人たちの方が標的になる確率が高いような気がするのは気のせいでしょうか?


3月8日分。

ブラック★ロックシューター「あるはずもないあの時の希望」
サヤちゃん先生は昔からカウンセラー気質だったんですね。そしてユウさんは虐待されいじめられてた子だったんだ。
サヤちゃん先生とユウさんはふたりしてあの世界の人間で女の子たちを目覚めさせる役割とかなのでしょうか。サヤちゃん先生を助けてくれたのはあの世界のユウさん?


ギルティクラウン追想:a diary」
いのりちゃんの中にはいってるのが真名ちゃんですか。まあいろいろ明らかになって、なんであれがクリスマスじゃなければならなかったのかもわかりました。つか、この家族が結局すべての元凶なんじゃないか?
集くんのお父さん陽気な人だったんですね。研究以外社会人としてはダメダメな、でも純粋な人、といういかにもなキャラクターで、その邪気のなさと天才性が茎道さんの邪悪な気持ちを引きだしちゃったという最悪のパターン。
なんとなくひととおりの事情はわかったけど、涯さんと集くんたちとの出会いは偶然にもほどがある。
集の名前の由来はちょっと感心した。なるほど。


3月9日分。

ペルソナ4 「It's just like Heaven.」
最強の悠さんを敵にしたら、誰も勝てませんよねー。
直斗くんが可愛い。奈々子ちゃんがけなげ。完二くんが男らしい。
と、各人見せ場があり、やっと一件落着と思いきや、そうでもないらし。そら犯人があんなショボいわけないですよね。
町を覆う霧は、こちらと向こうの世界の境界が曖昧になってきているということなのでしょうか。やっぱり、クマの存在が関係しているのだろうか。クマ、帰んなきゃいけないのかなあ。
奈々子ちゃんはあっちの世界に取り残されているとかで、さすがに死んじゃいないだろう。


妖狐×僕SS「約束の日」
コーヒーパーティーの日だけで一話をやるとは思わなかった。ことほどさように大イベントだったのか。
カルタちゃんと狸くんの悪口合戦は、勝手にやってなさいといういう感じで、可愛いカップルがいちゃついてるだけ。くそうくそう。
夏目さんと一反さんのすれ違いっぷりが可愛かった。凛々蝶ちゃんの可愛らしさは、写真に収めたくなるのも無理がないレベルだったが、でもやはり御狐神くんには撮らせない方がいいと思う。なんとなく。
そろそろ君も外面を繕おう。大人なんだから、
野ばら姐さんは男相手だけじゃなく、オカマ相手にも厳しい人だったのか。野ばら先生。本当に惜しい人だ。
カルタさん、サイコロ用鉛筆は科目ごとに項目を設けた方がいいですよ。カルタちゃんと一反さんは、同レベルのアホなんですね。東京都、完全に王蟲になってるし。
いやウサギは寂しくても死なない。ましてや夏目さんは殺しても死なない。
しかし、これだけ極端強烈な人が集まった中で、一反さんくらい見事にニュートラルで「普通」を極めると、「変態」よりよっぽど最強で異常に思えてきますね。


ラストエグザイル-銀翼のファム-「Queening Square」
エグザイルがすごすぎて、ファムの反省もミリアの想いも、全部頭から吹っ飛んだ。
あんなもん使っちゃダメだよ。行きつく先は人類滅亡だけですよ。


3月10日分。

偽物語つきひフェニックス 其ノ參」
ミスタードーナツそんなに大事か。そこまでして食いたいか。
暦さんの変態さは、妹と絡んでいるときにものすごく際立つ。今まで他人相手で、しかも状況の特異さのせいで気がつかなかったが、本当にとてつもなく変態なんですね。阿良々木さん。
新キャラは不死身の怪異撃退専門家らしい。本当に阿良々木さんは怪異に縁がありますね。
妹さんは前から取りつかれていたのか、それとも最近なのか。最近だと何が理由なんでしょう。暦さんもしょっちゅう妹を拘束したり押し倒したり揉んだりするわけじゃない(と思いたい)から、わからなかったのかもしれない。


モーレツ宇宙海賊「嵐の砲撃戦」
今回、チアキちゃんが海賊の時間号令ですか。
本人否定してますが、チアキさん明らかにノリノリですよね?凶悪な女海賊船長役が似合います。メガネっコ船長って珍しいんじゃないか。アリなんじゃないか。
茉莉香さんのルーキー船長とは思えないくらいの決断力に感心。気持ちの切り替えも素晴らしい。やっぱ血筋なんでしょうね。


BRAVE10「惨劇の幕開け」
半蔵さん生きてましたか。伊賀異形五人衆などとカッコよく名付けてはいるが、単なるびっくり人間大集合ですよねぇ。
お兄ちゃんの滝行姿を見ての弁丸くんの、よけい頭悪くなりそう、という感想に全力で同意。
虫使いのお姉さんが恐かった。というよりキモかったです。


3月11日分。

ファイ・ブレイン〜神のパズル「残された選択肢」
わからん。アナさんの言うことはアーティスティックすぎてよくわからん。
しかし、今回のパズルはスリルがあって盛り上がった。しかも、最後の逃げ道は言われてみりゃそうだけど、なるほどと感心した。単純なだけに奥が深いものですよね、パズルって。
まったく手を出す気はありませんが。
とりあえず、ルークさんは完全におかしい状況ですが、予告を見る限りラブラブデート状態になっています。次週までの間に、何が起こったというのだろう?


輪廻のラグランジェ「さらば鴨川」
ジャージ部は、アニメ研究会の何を手伝ったんだろう。
まどかちゃんには理屈が通じないからあ、というムギさんの発言は、黒いがかなり説得力がありますねぇ。だが、そのムギちゃんが固まるくらいのジョークを放ってしまうランちゃんには敵いません。
ええ。高校の学園祭のお化け屋敷くらいで、惨劇並みの反応を示すランちゃんには誰も敵いません。
アステリアちゃんって、地球人じゃなかったんだっけ?ちょっとイカちゃん入ってましたよね?
すっかり学校に溶け込んで、活躍するランちゃんとムギちゃんに、もやっとするまどかちゃん。
それはふたりが大事だからですよ。案外まどかちゃんみたいな誰とでも仲良くなれるタイプは、こういう独占欲を掻き立てられる友情関係って、初めてなのかもしれない。


アクエリオンEVOL 「野生の召命 」
真実のイブというのはつまり、子供をボコボコ産み落とす女ということなんでしょうか。
カグラさんは、アポロンとシルフィーの何なんでしょう?この人、人狼だったのか。
一方、カグラさんを煽る変態っぽいミカゲさんは特に繁殖には興味がなく、アクエリオンの方に興味があるようである。
とりあえず、照れ屋さんのジンくんとユノハちゃんの可愛いカップルの行方に期待したい。それはないわ。