エレベータ前で小耳に挟んだ見知らぬお嬢さんたちの会話。

「シャア?」
「うん。赤い彗星、とかじゃなかったっけ?」
「赤い流星だと思ったけど・・・」
「え?流水だっけ?」


シャア、すげぇことになってるなおい。



5月25日分。


ティアーズ・トゥ・ティアラ「ルブルム」
敵をばったばったばったと倒していくだけのアロウン様物語を絵本にするような過激な妖精さん相手でも、崇拝者は微笑ましく見守らなきゃいけないのが魔王様のお仕事。調子に乗って先走った挙句自己嫌悪に陥った若者に喝を入れるのも魔王様のお仕事。
って、そろそろ魔王様の子育て奮闘記の様相を呈してきました。特に手助けすることもなく、生ぬるく見守っているオガムさんの方が、よっぽど優雅な生活している魔王様っぽい。
大体、「俺が族の俺が人」って何ですか魔王様?どーすんだよ次!って、そんな高校生みたいな促し方がありますか。お目覚め前の魔王様は、一体どんな生活してたんだか。



シャングリ・ラ「口紅無残」
女王様の下僕の中には、変態もいれば、驚くほどまともな人もいる。それが兄弟ってのが不思議です。國子さんの人徳ゆえか、敵意を持っていたはずの相手まで味方にして、みんなの力で収容所脱出成功。いい話だなあ、だったはずが、女王様のせいで台無しですよ。皆殺しはないだろう。人間としてもうダメだろう、この女王様。



宇宙をかける少女「小さな勇気」
つつじさんの何だか個性的な生き方がちょっと気になる今日この頃。
危うくヒッキーになりかけた秋葉ちゃんを現実へと呼び戻したのは、大好きなイモちゃんと食べるまんまる焼き。結局そういう身近な幸せの引力こそ、現実世界で生き抜いていくために必要なものなんですよねぇ。だからこそ、ここでイモちゃんが死んじゃうってことはないはず。



5月28日分。


東のエデン「あらかじめ失われた道程を探して」
なんとも意味深なタイトル。というか、うちのPCの変換第一候補が、「童貞」になってるのはなぜ?ジョニーが離れて行ってしまう悪夢を見ながら目を覚ますタッキーの姿が、なんとも物悲しいではないですか。
板津の登場で、強烈なキャラクター揃いであることを再認識させてくれた東のエデン。エデンのシステムはすごいけど、いやだなあこれ。こんなのあったら、絶対ドン引きする。



PandoraHearts「呪いの言葉」
ギルバートの飼い主、という言葉を丸のみするエコーちゃんもどうかと思うが、結構説得力があるので納得するのもわからないでもない。どんだけ図体がデカくなっても、ギルは危なかしい子供のまま。アリスとのコンビも微笑ましくてよいですね。



Phantom〜Requiem for the Phantom〜「名前」
いつの間にか、暗殺者としてアインよりも完璧な技術を身に付けて、ずっと上手く世渡りをしていけそうなツヴァイ。サイスの言うままに動いてきた人形とは違う、ツヴァイの眩しい姿。彼を手放さなければいけないのに離れたくない。そんなアインさんは、ツヴァイから新しい名前をもらって、生きる目的も示してもらった矢先、マスターに捕まってしまたのでした。サイスって、アインの父親ってことはないだろうか?
一方で、ツヴァイにサイス殺しを命じたクロウディアの目的は、最終的にはマグワイヤに代わって組織を手中に収めることとかでしょうか?人形ではなくなったツヴァイが、大人しくクロウディアの思惑通りに動くとは思えないんですけど。



5月29日分。


ハヤテのごとく!!「乙女心が求めるものは・・・」
ワタルくんってばホントに年上キラー。サキさんに続いて、ソニアまでワタルくんにメロメロですか。わかるよその気持ち。男前だもんなあ、あの少年。
牧村先生は、まだロボと付き合ってたのか。いまだにバブル期を生きているような桂先生は、結局男は必要ないってことに気づいたのでした。ひっそりと生きてるオタクの心を辛辣な言葉の暴力で切り刻む酒癖最悪の女じゃ相手もおらんわ。本人それで幸せなんだからいいんですけど、なぜか見てるこっちがダメージを受けるようなエピソードでした。マリアさんも何か焦りを覚えてるようです。



クイーンズブレイド「暗躍〜牙の暗殺者」
黒幕の陰謀は、ヒノモトの事情にも関係していたのか。いちいち必殺技の名前を叫ぶ武者巫女様の律儀さに感心しました。でも武者蹴りって、単なるキックですがな。



戦国BASARA「甲斐の虎、御勅使川に死す!」
報告の中であっさり殺された徳川さんの扱いのひどさに泣けてきた。
今回のお舘様は寸止めという必殺技を繰り出しました。真田くんのお答が気に入ったら、ちゃんといい子いい子してあげるんですね。そして恒例のエールの交換ですが、まったく気にせず途中で遮って報告を優先する佐助さんのうんざりぶりが伝わってきます。
しかし、謙信、信玄の両大将ともやられちゃったのでしょうか?政宗、幸村だけで魔王を倒すことになるのでしょうか?おおおぉやかたさまぁあ、ゆうぅきむらぁああ、はもう聞けないのでしょうか?それがこの作品のキモなのに。



5月30日分。


真マジンガー 衝撃!Z編「発動!日本侵略作戦!」
甲児対ご老人。甲児をつけ狙うボスたち。あしゅら男爵が送った不気味な女の子たち対メキシコ人。そして機械獣と、熱海は大混乱。機械獣に占領されちゃった日本はどうなるのか(九州北海道は後回しなのか・・・)。だがしかし、甲児くんはおキク姉さんの肩を叩かない限り機械獣と戦えない!なんだか間抜けな危機だ!どうする甲児!?



07-GHOST「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」
ミカゲは違う人になっちゃうしテイトは違う人になっちゃうし、フラウはお姉さんたちに囲まれてるしと、何がなんだか。とにかく、予想通りミカゲくんはもうダメだってのはわかった。しくしくしく。



戦場のヴァルキュリア「蒼き魔女」
今回は帝国側のお話。といっても、こっちはメインがお偉いさんばかりなので、下っ端を中心に据えて、フレッシュな視点でのエピソードに仕立てたようです。さすが正規軍だけあって、上下関係がゆるゆるの義勇軍とは勝手が違う。
マクシミリアンさんの敵は、外部よりも内部の方が手ごわいようですが、忠実で優秀な部下が支えてくれるようで、きっとこの人が皇帝になっちゃったりするんだろうなあ。そして、桁外れの身体能力を見せるヴァルキュリア人の謎は深まるばかり。



6月1日分。

夏のあらし!「HERO(ヒーローになる時、それは今)」
これまで日常的に過去に遡っていたくせに、突然、タイムパラドクスというコアな話になってます。あらしさんって、何も考えてないようでちゃんと考えてたんですね。それでも助けられる命を見捨てることができなかったあらしさんの気持ちが報われてよかった。
つながった!やよゐさんと加奈子さんが本編につながった!