今回は惨敗。

すももとコードギアスの録画が途中から始まってました。ちょっと気を抜くとこれだ。



牙-KIBA-「対決」
ノアのゼッドに対する愛憎が激しいです。ノア、悪い顔してんなぁ。彼がゼッドに言った言葉は、半分本心、半分ゼッドを煽るためなんでしょう。一方のゼッドは、大混乱で目がテン状態。なんだかんだ言って、ノアは唯一の彼の理解者だったからなぁ。アミルガウルも取られちゃってどうなるのやら。
ロイアのピンチは変わらず。それを知ったらジーコが何しでかすのか分からんので、テンプラーのお偉いさんたちは、その事実を伏せてます。ジーコって、案外みんなから疎まれてるんじゃ・・・



おねがいマイメロディくるくるシャッフル「ピンクの森に行けたらイイナ!」
バクの負け犬ビームのせいで、歌がバクに変身。みなさんのショックの受け方(マイメロの涙、クロミの反省)を見ても、みなさまのバクの容姿に対する認識のひどさが分かります。バク本人まで、その惨劇認識に納得しちゃってていいのか?
歌ちゃんを助けるためには、ピンクの森の虹の花を手に入れなくてはならないが、なぜ虹の花が負け犬ビームの呪いを解くことができるのかは謎(そこら辺をツッコむマイメロさんが結構冷静)。歌ちゃんのため、クロミ様まで密かにサポートしてみんなでピンクの森に向かうが、数々の難関が彼らを阻む。というか、ポエムの妖精とかいうトラップは、完全に美紀ひとりを狙い撃ちしてるような気がするんですが(ほかにあれに引っかかる人がいるとは思えない)。
そしてついに、待ちに待った瞬間が来ました。残されたのは、マイメロさんと真菜ふたりきりという素晴らしいシチュエーション。真菜ちゃんにとっては、号泣の地獄展開。マイメロと風に挟み撃ちされた真菜さん。「真菜ちゃんがだっこしてくれなきゃ、マイメロ、風さんに飛ばされちゃうよ?」この、情に訴えようとする「?」がミソ。もちろん、真菜さんはそんな手には引っかかりません。しかしマイメロさんも負けない。お助けキャラのラインナップに自分を登録するという暴挙に出ます。やる気のないマイメロ・ビームに加え、「マイメロちゃん、がんばって」と鏡で自分にエールを送る。「殴ってええか?」と聞く真菜さんの言葉に心の底からシンクロした。むしろ、ここまでされても一応許可取る真菜さんの優しさに、胸をわしづかみにされました。そんな勇者真菜さんも、ラブリーなピンクの森の前でついにギヴ。しかしマイメロは、最後まで手を抜かない。「ひとりにしちゃいやぁ」と、わざわざ真菜ちゃんに添い寝をして、完全にその息の根を止めたのでした。
もしかして数々の罠は、いや、その前の歌ちゃんの異変まで、すべて真菜ちゃんとふたりきりになるための、マイメロさんの策略だったんじゃかなろうか・・・?
最後は、歌ちゃんの声援とクロミさんのけなげなサポートもあって、無事虹の花を「獲ったどー!」。マイメロさん、あんたはハマグチェか。でも、歌ちゃんたちとクロミさんたちがあんなに簡単にピンクの森に到達できるたんなら、最初から彼らが行った方がよかったんじゃないだろうか?マイメロさんなんて、歩く時間より茶の時間の方が長かったような気がするし。
今回のEDは歌ちゃんバージョン。そして来週は、待望のクルミちゃん登場です!



10月19日分。


すもももももも〜地上最強のヨメ〜「動物園でつかまえて」
録画が途中からなんでよく分かりませんでしたが、もしかしてもも子は孝士との初デートに成功したんでしょうか?やったねっ!という場合でもなく、何故だか知らんが孝士の命を狙う熊使い相手に、動物園で大騒ぎ。けれども、ももちゃんの強さは人間離れしてるので事なきを得た、ということらしい。
毎回、事態に呆然としつつもツッコミを忘れない孝士殿がグッドです。



10月20日分。


コードギアス 反逆のルルーシュ「偽り の クラス メイト」
何しろ録画が途中からだったので、前回の続きがどうなったのかが気になります。結局、ルルーシュがにいちゃんを殺したってことは分かりますが、そこまでの経緯が不明。スザクがその罪を被せられたのは、ルルーシュに対する罠なんでしょうか?
一方、カレンはルルーシュたちと同級生になったようで、学園生活編も始まりそう。カレンは一応、ルルーシュを疑っていたみたいですが、あんなに簡単に騙されちゃう彼女はまだまだ甘い。これじゃ、性格激悪のルルくんには勝てませんよ。



10月21日分。


史上最強の弟子 ケンイチ「力と正義!祐樹を貫くために」
実は普通じゃない家庭に育ってたんですね、兼一。過激で落ち着きのない父と、異常に落ち着き払った母。そして、慌てながらも冷静なツッコミを入れることができる妹は、間違いなくこのふたりの子供です。すぐにパニクるくせに、腹が据わったところのある兼一も、この親にしてこの子あり。そして、その妙に頑固な正義感も納得できます。
力を振りかざすためじゃなくて、間違ってることを間違ってると言いたいがために力を欲する兼一。その言葉にかなり心を打たれてしまったので、彼を応援したいところなんですが、アパチャイに拉致された兼一は、果たして生きているのやら。
美羽の先輩のいびりキャラも、いい感じに話をかき回してくれそうで、期待できそう。



くじびきアンバランス「きょうだいがたいへんだ。6点」
弟思いなのは分かりますが、千尋を縛り付けるお姉さんには正直ヒきました。まあ、彼女の暴走のおかげで次期生徒会のミッションが成功したので、今回はよしとしよう。彼女の同僚の鏑木の方は、結構面白いキャラでマル。しかし、蓮子といい、惚れ薬を作れちゃう鏑木といい、かなり能力高いが変な人が揃ってる学校ですね。教師もこの学園出身者ばかりなんだろうか?