春は別れの季節(めそめそ)。

SEEDの総集編やってたんだなぁ、そういえば。
すっかり忘れてた。もういいけど。
第一話で紙ヒコーキの犬戦闘を見せられて思わず腰を抜かしたエリ8も最終回だったんだなぁ。
もういいけど。



3月25日分。


超重神グラヴィオンツヴァイ【最終回】「魂の凱歌」
なんだ、サンドマンの奥さんが死んだのって単なる病気だったのか。またサンドマンが何かドジ踏んだのかと思ってた。
でも、その奥さんのアンドロイド版もやっぱりサンドマンを選んだので、ヒューギは滅びました。
最後にとってつけたように、Wグラヴィオンがアルティメット・グラヴィオンになったりするところが相変わらずとはいえ、何でもアリの展開のグラヴィオン・ラストにしては、割と意外性のない展開だったかも。
一番意外だったのは、ルナの父ちゃんもレイヴンだったってことかな。そらびっくりだわ。
てか、レイヴンてのは職人芸みたいなものだったってことがびっくり。


オフィシャル・サイトにキャストの感想(思い切りネタバレだったけど)がアップされてましたが、みなさんほとんどが、名場面として3話の愚裸美温泉がらみを挙げてて笑えました。
やっぱ、あの話は名作だったと思います。あの後、勢いが落ちてしまったのが非常に残念。
ところで、サンドマンとアヤカの結婚式の場面なんてあったっけ?




魁!!クロマティ高校【最終回】
拝啓オフクロ様
クロ高のアニメ・・・・・・それは冗談で言っているのか!?
という衝撃から早半年。
とうとうこの作品に別れを告げなければならないときがきたようです。
この半年。スタッフ、キャストの暴走ぶりのおかげで予想以上に木曜の夜を楽しむことができました。
特に、私が原作でもお気に入りだった「鼻歌」のエピソードを、原作を凌駕する壮大な抒情詩へと昇華させた手腕には、本当に舌を巻きました。


ウソです。そんな御大層なもんでもなかったです。でも面白かったです。


てなわけで最終回。30分拡大SPはメカ沢が前説。もう既にここら辺で明らかに反則行為。
でじこが前田にアドバイスに来るし。ぷちこもいるし。デジキャラットクロ高のコラボ、再び実現。
もしかしてこれをやりたいがために、この話温めてた?もしそうだとしたら見事なシリーズ構成だが。


神山のアイキャッチも再び(これ見ると、炎の転校生を思い出します)。
ゲロタンまで登場。自分、話にしか聞いたことなかったんで、ちょっと感激。


んで、来たよ来たよ、来ましたよ!クロマティ女子校!!内容はまんまクロ高第1話のパロ。
ナレーションに来宮良子ってのも、卑怯すぎ。
ごきげんよう、な某作品を思い起こさせるのは気のせいですか?
「これってさぁ、クロ高の女子校版みたいなもんだよね〜」と言った私が、
「その発言はいろんな人を敵に回すから人前で言っちゃダメ」と相方のウチュウちゃんに諭された、あの作品を思い出してしまうのは気のせいですか?
でもやっぱ、クロ高キャラなんで画面が汚ねぇ。暑苦しー。桜井、ゴムだんにこだわるなぁ。
うわ、メカ沢新一姫だよ・・・。若本規夫にここまでやらせていいのか!?
「シブい声でいらっしゃる!!」
うひぃぃぃぃぃーーーー!!!もうだめ・・・腹が・・・腹が痛いよぉ。アフレコ現場が見てみたかったよぉ(めそめそ)。
ついでにみんなで西へ行ってるし。それは後番の最リロをもじってるのか!?
四天王編、短かっ!!!
最後のクレジット、役名が女名前のまんまで、改めて思い出が走馬灯のように・・・(めそめそ)。



この阿呆どもとも今日でお別れなんだ、と思ったら、素で泣きそうになった自分がすごくイヤ。